ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
宅建士

重要事項説明

35条書面とは

35条書面とは物件の案内や説明の
際に行う重要事項の説明を言います。

誰が?

Tipsこの説明は宅建士が
行わなければなりません。

宅建士であればよく、専任である必要はありません。

いつ?

Tips契約前。
契約が成立するまでの間
にしなければなりません。

消費者に対して取引内容をよく理解させ
未然にトラブルを防止する目的です。

権利取得者が宅建業者である場合、説明は不要で
書面の交付のみを行います。

POINT当事者双方の合意があっても
説明を省力することはできません。

どこで説明するのか?

Tips場所は十分に説明できればどこでも
よいこととなっています。

誰に説明するのか? 交付先は?

Tips売買の場合→買主のみに説明・交付
賃借の場合→借主のみに説明・交付
交換の場合→両当事者に説明・交付

どのように説明するのか?

Tips必ず書面を作成・交付します。
書面作成は宅建士でなくてもOKです。
書面に宅建取引士が記名押印をします。
説明の際は宅建取引士は必ず
宅建取引士証を提示します 。

宅建士によっては、ただ重要事項説明書を
読むだけの人もいるようです。
必要以上に丁寧に説明して1時間以上かける
人もいるようで、驚きです😅

私の場合は「抵当権」・「特約」など
特に重要な項目は丁寧に説明し
構造などに関するものはサラッと
説明するなどしております。

私は必ず説明をする前に

Tips”説明の途中でも気になったことや疑問に
思うことなどはすぐに言ってください。
説明が終わるのを待たなくて大丈夫ですので”

と言ってから始めます。
それでも時間的には短い人と長い人の
中間くらいで終わっています。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP