ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
税金

住宅ローン減税とは?

税金に関する対応

このタイトルのブログを以前に書きました。
詳細はこちらをご覧ください。
そこで説明したように宅建士は税金に関する
ことを説明できず、お近くの税務署にて
ご確認ください。と言うしかありません。

宅建士が税務相談を行うことは
法律違反となります。

ただ、だからといってご紹介する物件が
住宅ローン減税の対象になるかならないかを
聞かれた時に税務署に確認してください!
なんて言うような宅建士とは
契約したくありませんよね?

そこで今回は住宅ローン減税について
簡単に解説したいと思います。

住宅ローン減税とは?

無理のない負担で居住ニーズに応じた住宅を
確保することを促進するため住宅ローンを借入れて
住宅の新築・取得又は増改築をした場合年末の
ローン残高の0.7%を所得税(一部、翌年の住民税)
から最大13年間控除する制度です。

利用者の条件

原則は年間の合計所得金額が2,000万以下
である人が対象となっています。
ただし床面積が40㎡以上50㎡未満の新築住宅
又は所定の要件を満たす買取再販住宅の場合
年間の合計所得金額が1,000万以下でなければ
住宅ローン控除を受けられません。

※床面積は内法面積で計算します。販売資料には
壁芯面積で表記されていることが多いので注意です。

住宅ローンの条件

借入れるローンの返済期間が10年以上であること
対象となる借入金は銀行のような金融機関
から借入れた住宅ローンの他にも「社内融資」の
ような勤務先からの融資も対象です。
ただし勤務先からの融資で無利子又は金利0.2%未満
(2016年12月31日以前に居住の
用に供する場合は1%未満)
の場合は住宅ローン控除は利用できません。
親族や知人からの借入金は全てこの特別控除の
対象となる借入金には該当しません。

新耐震基準

新耐震基準の住宅でなければなりません。

旧耐震基準:昭和56年5月31日まで
新耐震基準:昭和56年6月1日から
(昭和56年=1981年)

※登記簿謄本ではなく
建築確認の日付で判断してください。

他にも沢山、条件がございます。
とてもわかりやすいサイトはこちらです。
詳しく知りたい方はご覧になってください。

本日は以上です。

お電話はこちらです。
電話受付時間:9時〜23時

他のお客様の電話対応中にお電話頂いても
出れない場合がございます。その場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!

 

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP