ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

サブリース契約の注意点

注意点

本日はサブリース契約の注意点に
ついて解説いたします。

サブリース契約とは賃貸物件の借主が
その一部または全部を他の人に
サブリースする契約です。

1. 元の賃貸契約の確認

元の賃貸契約(主契約)を確認しましょう。
元の契約がサブリースを許可しているか
どうかを確認します。

一部の賃貸契約ではサブリースが
禁止されていることがあります。

2. ランドロードへの通知

一般的に、サブリースをする場合
元の賃貸契約の所有者(ランドロード)に
通知する必要があります。
通知の手続きと通知のタイミングを
確認しましょう。

3. サブリースの条件

サブリース契約では賃貸物件をどのように利用し
どのような条件でサブリースするかを
明確に記述します。賃貸金額・サブリース期間
設備の使用条件などが含まれます。

4. 責任と法的責任

サブリース契約ではサブリーサー(賃借人)と
サブリーシー(サブリース受取人)の責任と
法的責任を定義する必要があります。

例えば、賃借人はサブリースに関する全ての
責任を負うのか、それとも一部を
サブリーサーに転嫁するのかを決めます。

5. 元の契約との一致

サブリース契約は元の賃貸契約と一致して
いなければなりません。
サブリーサーは元の契約の条件に
違反しないように注意する必要があります。

6. 賃料と支払い

サブリーサーとサブリーシーの間で賃料の
支払い方法を明確にしましょう。支払い期間
金額、支払い方法などを契約に記載します。

7. 修繕と保守

賃貸物件の修繕や保守に関する責任を
定義します。サブリーサーとサブリーシーの間で
どちらが修繕費用を負担するのかを明確にします。

8. 法的アドバイス

サブリース契約は法的な複雑さを持つことが
あるため弁護士や不動産専門家のアドバイス
を受けることを検討することが重要です。

サブリース契約は双方の権利と責任を明確にし
紛争を避けるために詳細に文書化する
必要があります。契約を締結する前に
法的助言を受け契約条件をよく理解し
合意に適合するようにしましょう。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

豆知識

物置

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP