ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

地番ってなに?

登記で使う番号

本日は

「地番と住所って違うんですか?」

との質問をいただいたので
その違いを解説いたします。

POINT地番とは、法務局(登記所)が定めた住所
住居表示(じゅうきょひょうじ)とは住居表示に
関する法律(住居表示法)に基づいて
市町村が定めた住所で地番と住居表示番号は
全く違う別の番号です。

不動産は地番(ちばん)によって登記されているため
登記簿を調べるときは、地番で検索します。

住居表示が実施されているところでは
地番は日常使っている郵便が届く住所
(住居表示番号)と違う場合が多く住居表示番号
では登記簿を探し出すことができません。

住居表示法が施行された1962年より前は
住所は慣習的に地番を用いていたそうです。

しかし、町界が道路などの境と一致している
わけではなく、また、分筆や合筆を
繰り返したことで地番も整然と並ばなくなったため
住所が非常にわかりにくいものとなり
生活の不便や郵便配達などに
悪影響をもたらしていました。

特に市街地(家屋や商業施設が密集した土地で
市区町村内で比較的大きい街や町のこと)に
ついてぐちゃぐちゃになっていたそうです。

この解決策として導入されたのが
<住居表示>… 住居表示は道路方式と街区方式があり
原則として「街区方式」が用いられています。

POINT「道路方式」は欧米でよくみられる方式で
「道路の名称」と当該道路に接し
または当該道路に通ずる道路を有する
家屋やその他の建物につけられる「住居番号」
を用いて、住居を表示します。
日本では、例外的に山形県東根市
北海道浦河町で導入されています。

<街区方式>

原則として道路に囲まれた区画(ブロック)
が単位(街区)となり、1つの町名は複数の
街区で構成されます。昔からの町(通り)の
区割りに配慮して、1つのブロックを背割りで
複数の町名に分ける場合もあります。

「背割り」とは、ブロック内の家屋や建物の
背面を境に区画として分ける方式です。

<街区符号>

街区符号は、町ごとに駅や役場のような市町村の
中心に近い街区を1番とし、一定の方式に
したがって番号をつけます。

<地番>

地番は土地の場所、権利の範囲を表すための
登記上の番号で、住居表示は建物の場所を
表す番号ということができます。
住居表示は、住所の表し方を、地番を用いる
わかりづらい方法からわかりやすい方法に
変えるだけで登記に用いる地番には関係しません。

そのため、住居表示の実施された地域でも
登記上では地番で表され
地番が消滅することはありません。

地番は登記で使うもの・住居表示は郵便配達で
使うものと考えれば良いでしょう。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP