ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

IT重説対応物件のメリット②

3.スマホがあればできる

IT重説を実施する端末や使用するOSの
種類には特に決まりがありません。

POINTパソコン・スマホ・タブレットなどお持ちの
端末を使えるため多くの方が
利用しやすくなっています。

ただし、ビデオ会議に利用するツール
(アプリや専用システム)は不動産会社(宅建業者)
から指定されることが一般的です。
希望のツールがある場合は
事前に相談しておきましょう。

4.録音・録画をしやすい

IT重説は、IT機器を利用しておこなうため録音
録画が簡単にできます。重説の内容を証拠として
残せるため、トラブルが起こったとき
後から見直したいときなどに役立ちます。

ただし、録音・録画には個人情報などが
含まれるため事前同意をして決められた
ルールを守ることが必要です。

IT重説対応物件の注意点

次に、IT重説対応物件のデメリット
や注意点をご紹介します。

POINT通信料がかかる
中断することがある
細かいものが見にくい

1.通信料がかかる

Wi-Fiなどの環境がない場合、IT重説を行うことで
通信料がかかります。時間が長くなることも
ありますので高額請求をさけるためには
Wi-Fi環境のある場所で実施
することをおすすめします。

2.中断することがある

IT重説を実施中に、何らかのトラブルで映像や音声に
支障が生じた場合、取引士はIT重説を中断して
改善したあとに再開しなければいけません。
改善できない場合は
対面による重説に切り替えることもあります。

3.細かいものが見にくい

IT重説にスマホや画面の小さい端末を利用する場合は
図面などの細かい資料が見にくくなります。
スマホを使うときは、その旨を事前に不動産会社
(宅建業者)に伝え、図面を事前送付
してもらうなどの工夫が必要です。

まとめ

IT環境があればどこでもIT重説がおこなえる
『IT重説対応物件』には沢山のメリットがあります。
そのため、忙しい方や遠方の賃貸物件を
探している方にはぜひおすすめしたい物件です。

今回二日に分けて解説したIT重説の事前準備
や当日の流れ注意点をしっかりと理解し面倒な
賃貸契約手続きを簡単・スムーズに
終わらせましょう!

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP