ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

事故物件①

定義

事故物件とは

「心理的瑕疵がある物件」

のことです。
不動産業における「瑕疵(かし)」とは住宅や
建物の傷や不具合などを指し法律的には建物が
本来あるべき要件を満たして
いないことを意味します。

心理的瑕疵とは裁判例では

「目的物にまつわる嫌悪すべき
歴史的背景
に起因する心理的欠陥」

と表現されており一般的には
「それを知れば該当物件の
売買・賃貸契約をしない」
といわれるものです。

POINT心理的瑕疵には「人の死にかかわるもの」と
「近隣に嫌悪施設があるもの
(環境的瑕疵として分ける場合もあります)」
があり、前者の「人の死に関する」物件が
いわゆる事故物件にあたります。

心理的瑕疵のある物件は入居や購入を
希望する者に対し契約前に必ずその件を
告知することが義務づけられています。

事故物件に関する告知に関して一般的な基準を
とりまとめた新しいガイドラインが
2021年10月に制定されました。

参考:国土交通省 宅地建物取引業者に
よる人の死の告知に関するガイドライン

新ガイドラインが
制定された理由

居住用不動産取引に際し、買主・借主が契約
を締結するか否かの判断に重要な影響を
及ぼす可能性がある事案について売主・貸主
による告知が適切に行われることが重要です。

しかし、実際には告知義務の必要な
範囲や期間などが明確でなく、従来
事故物件とみなされる基準は不動産会社
の判断によって差があったのです。
また、所有物件で死亡案件が発生すると
無条件で「事故物件」とみなされるのでは
ないかという不安から、高齢者の方の
入居を敬遠する貸主へ、告知基準を明確に
することで高齢者の方への賃貸を
促進する目的も兼ね備えています。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP