ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

家の検査とは?

検査はどうやるの?

家の検査は自分でやるのではなく専門的な知識と
経験を持つ建築士やホームインスペクターに
よって行われることが一般的です。

検査の手順

1. 予約と調整

検査希望日時を建築士やホームインスペクター
と予約し検査のスケジュールを調整します。

2. 現地調査

建物の現地に行き建物の内外を詳細に調査します。
外観からの視察だけでなく建物の内部も確認します。

3. 建物の状態確認

屋根、壁、床、窓、ドアなどの建物の外部を
点検し損傷や劣化箇所を探します。

4. 内部の点検

配管、電気配線、暖房・冷房システム、給湯設備等の
内部設備を確認します。壁や天井にも注意を払います。

5. 機器の検査

キッチンの機器、バスルームの設備、暖炉
エアコンなどの動作チェックを行います。

6. 不具合の特定

検査で発見した損傷や問題箇所を特定し詳細な
報告書にまとめます。重大な問題がある場合には
専門家の意見を仰ぐこともあります。

7. 報告書の提供

検査結果をまとめた報告書を依頼者に提供します。
報告書には問題箇所や修繕の推定費用などが
記載されています。

家の検査は将来の家のトラブルを未然に防ぐ
ために
非常に重要なステップです。
信頼性のある建築士やホームインスペクターに
依頼し
専門的な検査を受けることを
おすすめします。

家の検査の料金

検査を行う専門家や地域によって異なります。
一般的に、家のサイズや構造、検査内容の詳細に
よっても料金が変動することがあります。

小さな家や簡易な検査であれば料金が低くなる傾向が
ありますが大きな家や詳細な検査を希望する場合は
料金が上がる可能性があります。

検査内容や料金については建築士や
ホームインスペクターに直接相談し見積もりを
依頼することが適切です。
検査の費用は将来の家のトラブルを予防するために
非常に重要な投資と考えられます。
購入前の家の検査は後悔を避けるためにも
必要なステップとなります。

本日は以上です。

お電話はこちらです。
電話受付時間:9時〜23時

他のお客様の電話対応中にお電話頂いても
出れない場合がございます。その場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP