ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

居住用財産を譲渡した場合の3000万特別控除

特別控除

居住用財産の譲渡における「3000万特別控除」
は居住用不動産を取引した場合に一定の
条件を満たすことで譲渡所得の一部に特別な
控除が受けられる制度です。
以下に詳しく解説します。

1. 対象となる財産

特別控除の対象となるのは譲渡所得が発生する
居住用の不動産です。具体的には自己や配偶者の
住居として使用した不動産が該当します。

2. 控除額

特別控除の控除額は原則として3000万円です。
ただし、不動産を譲渡した時点での所有期間に
応じて減額される場合があります。

3. 所有期間

 特別控除の対象となるためには譲渡時点までに
不動産を取得してから5年以上所有している
必要があります。この所有期間を満たすと
3000万円の控除額が適用されます。

4. 所得税の適用

特別控除は所得税の税額控除として適用されます。
譲渡所得を計算した後に特別控除を適用し
その結果が所得税の課税対象となります。

5.他の特別控除との併用

1. 転居特別控除との併用不可
2. 所得控除との併用不可
所得控除とは所得税の課税対象額から
差し引かれる特別な控除のことであり
医療費控除や寄付金控除などが該当します。

注意: 3000万特別控除や他の特別控除には
年次や条件が設定されている場合があります。
また、特別控除の制度や条件は法改正などによって
変更される可能性があるため具体的な場合には
最新の情報を確認することが重要です。
税務署のウェブサイトや税理士に相談することで
正確な情報を得ることができます。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP