ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
宅建士

読書遍歴(高橋克彦編)

天を衝く

普段、不動産にまつわる豆知識として
難い話ばかりなので息抜きとして、これから
何日か連続で私の読書遍歴について
ブログにさせていただきます。

高橋克彦といえば
「火怨」「炎立つ」「天を衝く」
の三部作シリーズです。
「炎立つ」は大河ドラマにもなっているので
有名ですが「天を衝く」を知っている人に
まだ会ったことがありません。

私は三部作シリーズを全て読みましたが
「天を衝く」が一番面白いと思います。
読み始めたら、あっという間です。

私が読書する時間は夜、寝る前が多いのですが
この「天を衝く」は面白すぎるし、先が気になって
全く眠くなりません。
気が付いたら外が明るくなっていました。

寝不足になってしまうので、もし
あなたが明日、大事な商談を控えているなら
今日は読まないようが良いです。

それくらい、面白いです。
面白いというより
熱いです!男です!
具体的に内容を説明します。

織田信長の時代の陸奥

織田信長の時代、陸奥の南部家では内紛が渦巻き
九戸党の棟梁・政実は宗家を見切り新たな
時代への予感を胸に抱きました。

彼は「北の鬼」と呼ばれる戦の天才として
武者揃いの一族郎党を率いて
東北の地を駆け巡ります。

物語が織り成す背景には信長が天下統一を志す
中で陸奥地方での内紛が続いていたという
歴史的な背景があります。

この時代背景が物語に深みと迫力を
与えています。南部家の内紛や政実の新たな
道への歩みは歴史の波に乗るように
物語を進展させています。

政実の転機

政実が宗家を見切り新たな時代に向けて
歩み出す瞬間は、物語において
力強い転機となります。この選択が彼の個人的な
葛藤や武将としての使命感を掘り下げ
読者にとって感情移入しやすい瞬間となります。

北の鬼・政実の活躍

政実の異名「北の鬼」が物語に登場することで
物語には緊迫感と興奮が加わります。

武者揃いの一族郎党を率い
東北の地を駆け巡る姿は戦国時代の
熱狂的な雰囲気を醸し出しています。
彼の武勇や指導力が物語を牽引し
読者を引き込むことでしょう。

作者の故郷への思い

作者が故郷を舞台に熱い思いを込めたという点が
この物語に独特の味わいを与えています。
地元への深いリスペクトや愛情が物語全体に
温かさと奥深さをもたらしていることでしょう。

この物語は歴史の中で織りなされる情熱的な
人間ドラマ、時代の転換点で生まれる葛藤
そして熱い戦国時代の舞台を通じて読者に感動と
興奮を届けてくれることでしょう。

歴史好きや戦国時代のファンには
特におすすめの一冊と言えます。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP