ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
宅建士

読書遍歴(浅田次郎編)

壬生義士伝

読書遍歴シリーズに浅田次郎は欠かせませんが
「天切り松」と「壬生義士伝」どちらかにするか
一瞬迷いましたが、やはりここは
壬生義士伝を選択すべきと考えました。

様々な作家さんの本を読みましたが浅田次郎の上記の
2作品(天切り松はシリーズです。)は別格です。

会話や一人語りだけで、どんどんその作品
の中に没入されていきます。

息をするのも忘れてしまいそうになるくらいの
浅田次郎の筆致に深く感銘を受けました。

この作品は、幕末の動乱期に生きた壬生浪士たちの
義に生きる姿勢や友情、そして武士
としての誇りを描いた名著です。

まず、浅田次郎の緻密な描写には
時代背景や登場人物たちの心情が
鮮やかに浮かび上がっています。

特に主人公である浪士たちの内面の葛藤や成長が
読者に深い感銘を与えました。

彼らは己の信念を貫き通すために様々な試練に立ち向かい
その姿は時折厳しい現実と向き合いながらも
誇り高く、人間味あふれるものでした。

物語が描く時代背景も見事で幕末の混迷という
歴史の舞台裏に浪士たちが自らの信念と
誇りをかけて戦っていく姿が
迫力とともに情熱的に描かれています。

その中で、武士としての生き様や義の追求が
読者にとって感動的で魅力的な要素となりました。

また、登場人物たちの友情や絆も心に残りました。
仲間たちとの結束や困難に立ち向かう姿勢が
物語に深みを与えています。

特に主人公の行く末や最期に迫る場面では
仲間たちとの交わす言葉や想いが
胸に迫り涙を誘いました。

浅田次郎が描く言葉選びや文章の構築も
見事で情景が目に浮かぶような迫力と
共に物語に臨場感を与えています。

歴史小説としての要素だけでなく
人間ドラマとしても充実しており
登場人物たちの複雑な心情や
情熱が鮮やかに描かれています。

この小説を通して武士の精神や時代背景に触れ
人間の生き様や友情について考えさせられました。

また、浅田次郎の筆致により歴史のページが
生き生きと躍動しているような印象を受けました。

読み終えた後、歴史に対する理解が深まり
人間の強さや弱さそして尊厳を再認識することが
できました。この感動を胸に、浅田次郎の「
壬生義士伝」は私にとって一生
忘れられない名作となりました。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 読書をする理由

  2. 社名変更・事務所移転

  3. タワマンの良し悪し②

PAGE TOP