ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

セットバックを設けることでの変化②

面積に及ぼす変化

本日は昨日に続きましてセットバックを設ける
ことでの変化について解説いたします。

土地の利用可能な面積が減少する傾向があります。

セットバック要件に従うため建物が土地の境界から
一定の距離内に配置されるためです。

以下にセットバックが土地の面積に及ぼす
変化に関するいくつかの例を示します。

1. 建物のセットバック

建物の前面・側面・後ろ側にセットバックを
設ける必要がある場合これにより
建物自体の床面積が減少します。

セットバック要件によって決まる距離に応じて
利用可能な面積が制約されます。

2. 建物の高さ制限

建物の高さにも影響を与えることがあり
建物の高さが制限されることがあります。
これは建物のフロア面積に関連しており
高層建築を制約することがあります。

3. 地形との調和

土地のセットバック要件は地形や地勢に合わせて
設定されることがあります。
これにより山岳地帯や海岸地域などの
特定の地形に合わせて土地が
利用されることが考慮されます。

4. ゾーニング要件

土地のゾーニング区分に応じてセットバック
要件が異なることがあります。
商業地域・住宅地域・工業地域など用途によって
セットバック要件が変動することがあります。

したがって、土地のセットバック要件によって
土地の利用可能な面積が減少する可能性があります。
建築プロジェクトを計画する際には地元の建築規制や
ゾーニング法を確認しセットバック要件に基づいて
土地の利用可能な面積を適切に
評価することが重要です。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 読書をする理由

  2. 社名変更・事務所移転

  3. タワマンの良し悪し②

PAGE TOP