ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

IT重説対応物件とは

IT重説対応物件

TipsIT重説対応物件とは不動産物件を契約するとき
に必要な『重要事項説明(重説)』を
対面ではなくビデオ会議で
実施できる物件のことです。

今回のブログではIT重説の意味や対応物件
の条件について説明します。

※重説は不動産の売買契約時にもおこなわれますが
今回は、賃貸契約の場合についてご紹介します。

IT重説とは

TipsIT重説とは、Zoomや専用システムなどを
活用してオンライン上でおこなう
『重要事項説明』のことです。

『重要事項説明』とは、不動産の賃貸契約を締結する
前に必ずおこなう手続きで主に借主の利益を
守る目的があります。(宅地建物取引業法)

詳しくはこちらのブログをご覧ください!

以前の『重要事項説明』は対面で行うことが
義務付けられていました。
しかし、2017年10月からIT重説の本格運用が
開始されオンライン上での重説がOKになりました。

IT重説対応物件の条件

IT重説の運用が可能になったからといって
すべての物件がIT重説に
対応しているわけではありません。

IT重説をおこなうには、次のような4つの
条件を満たす必要があります。

POINT①双方向でやりとりできるIT環境の整備
②重要事項説明書の事前送付
③重要事項説明書等の準備とIT環境の確認
④宅地建物取引士証の確認

IT環境では、宅地建物取引士と契約者(借主)
の双方が重説の内容を映像・音声でやりとり
できることや実施前にテスト確認すること
を必須条件としています。

また、重要事項説明書は必ず事前交付し
実施中も手元に用意します。

IT重説を開始する前には宅地建物取引士証を
提示・確認することも必須条件です。

Tipsこれらの条件をすべて満たせば
IT重説を
『対面による重説』と
同様に扱うことができます。

またトラブルを防ぐために、貸主・借主の
双方からIT重説に関する同意をとって
おくことも推奨されています。
(録音・録画などの個人情報
の取り扱いについても同様)

POINTそのため、借主が希望しても、貸主や
不動産会社(宅建業者)側の都合により
IT重説に対応できない物件も
あることを覚えておきましょう。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP