ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

建ぺい率と容積率ってなに?

よく聞く用語だけど・・

本日はお客様から
「よく聞く用語だけど、建ぺい率ってなんなの?」
とご質問をいただきましたので
都市計画や建築の規制として使用される
重要な指標である建ぺい率と容積率の
それぞれの概念を詳しく解説いたします。

1. 建ぺい率(建築密度)

建ぺい率は、ある敷地に建物を建てる際に
その敷地の一定の割合を建物が占める度合いを
示す指標です。通常、建ぺい率は土地面積に対する
建物の面積の割合として表されパーセンテージで
示されます。

例えば、建ぺい率が50%の場合
土地全体の半分まで建物を建てることが許可されます。

建ぺい率は以下の点で重要です。

 建物の密度

高い建ぺい率は建物が敷地をほぼ埋め尽くす
ことを意味し高密度の都市開発を促進します。

 都市計画

建ぺい率は都市の発展や景観を調整するために
使用され住宅地域や商業地域などの
土地利用を制御します。

2. 容積率(建築率)

容積率は、ある敷地に建物を建てる際に
その敷地の一定の割合を建物の体積が
占める度合いを示す指標です。

容積率は建物の高さや体積に関連しており
通常、土地面積に対する建物の体積の
比率として表されます。

例えば、容積率が300%の場合
建物の体積は土地の3倍までに制限されます。

容積率は以下の点で重要です。

建物の高さと形状

高い容積率は建物の高さや体積を増加させ
都市の高層建築を可能にします。

土地の効率的な利用

容積率は土地の効率的な利用を奨励し
限られたスペースを最大限に
活用するために使用されます。

建ぺい率と容積率は都市の発展や土地利用の
管理において建物の配置・高さ・密度・景観・環境
への影響を調整するために使用されます。

これらの指標は地元の都市計画法や
建築規制に従う必要があります。


皆様も不動産にまつわる疑問や
「よく耳にする不動産用語だけど
実は意味を知らない」
ことなど、なんでも良いのでご質問等があれば
お問い合わせフォームから
お気軽にご連絡ください。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP