ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

重要事項説明書の電子化

電子交付

2022年5月18日施行の
宅地建物取引業法改正により

重要事項説明書
賃貸契約締結時の書面

POINTなどの電子交付が
可能になりました。

この改正以前はIT重説をおこなう前後に
上記の書類を郵送するやりとりが必要でした。

POINTしかし現在では書類の電子交付や電子契約が
可能になり重要事項説明から
賃貸契約の締結までの
すべてをオンライン上で完結できます。

※対応物件のみ

これにより、賃貸物件契約の手続きがさらに
スムーズにおこなえるようになったのです!

IT重説って何する?

次に、IT重説の具体的な流れをご紹介します。
前章の必須条件を踏まえ事前準備
から詳しく解説していきます。

IT重説の事前準備

IT重説を実施する前には、

POINT①双方向でやりとりできるIT環境の整備
②重要事項説明書の事前送付
③重要事項説明書等の準備とIT環境の確認
④宅地建物取引士証の確認

などの準備が必要です。

まずは、重説内容や取引士証を映像や音声で
きちんと理解できる環境
(機器・通信など)を用意します。

POINTIT重説の実施に同意すると共に
録音・録画をする場合は
そのルールに関する同意も済ませます。

重要説明書は、重説前までに郵送(紙面)もしくは
電子書面にて受け取る必要があります。
IT重説の前に目を通しておくと
より内容を理解できるためおすすめです。

IT重説の流れ

次に、IT重説を実施する際の流れです。

POINT①接続テスト
②本人確認
③取引士証の提示
④重説の実施と質疑応答
④書類一式を返送または返信

などの準備が必要です。

重要説明書は重説前までに郵送(紙面)もしくは
電子書面にて受け取る必要があります。
IT重説の前に目を通しておくと
より内容を理解できるためおすすめです。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 読書をする理由

  2. 社名変更・事務所移転

  3. タワマンの良し悪し②

PAGE TOP