ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

土地を売却する時の流れ(上)

情報の収集

本日は土地の売却の流れについて解説いたします。

土地の売却にはいくつものステップがあり
準備から売却まで半年前後かかることを
見込んでおいてください。

所有する土地を売却する場合
不動産屋に相談する前に売却したい
土地の情報を収集してください。

自宅であれば土地の情報はよく知っているもの
ですが相続などで入手した土地の場合、売主様も
把握していないことがあります。
最寄駅から徒歩何分程度とか周辺環境などの
立地条件・更地か古家付きか等の確認が必要です。

弊社ではそれらの調査も承ります
のでご安心ください。

準備する書類等

事前に準備する書類としては本人確認のための
「マイナンバーカード」または「運転免許証
印鑑証明書」・「実印」・「住民票」・土地の
登記識別情報」または「登記済権利証

※登記記載の氏名が相続や婚姻・養子縁組等で変更に
なっている場合やお引越し等で住所が変更になっている
場合は現在の情報と一致させる手続きが必要になります。

なお、相続等で新たに所有者となった場合は
登記移転手続き後の概ね半年以内に不動産取得税の
納税通知書が届くことになります。

詳しくはこちらをご覧ください。

税額を確認するための「固定資産税納税通知書
固定資産評価額証明書」が必要です。

土地の範囲を示す「確定測量図・境界確認書
も必要です。もし書類がない場合や
境界が明確でない場合は土地家屋調査士に
作成の依頼が必要になる場合があります。

さらに古家付き土地として売却する場合は
建築基準法に適合した物件であることを
証明する「建築確認証・検査済証」・「間取り図
購入時の「重要事項説明書」などが必要です。

土地査定の依頼

準備が整ったら土地がいくらで売れるかという
目安を知るために不動産仲介会社に土地査定を
依頼してみるのも良いかもしれません。

査定には、インターネットで査定価格を
提示してもらう簡易査定と土地を
現地で調査する訪問査定があります。

簡易査定は物件情報・公示価格・周辺取引事例
市場動向などを考慮して価格を算出します。

訪問査定では土地の日照状況周辺環境
土地に面する道路状況ガス水道の配管状況など
が調査されます。訪問査定を複数社に依頼するのは
不動産仲介会社によって査定基準が異なるためです。

一言で不動産屋といっても
良い業者もいれば悪い業者もいます。
「大手だから良い」ということでもありません。

知人から紹介された不動産屋にお世話になったことが
ありますがそれだけで信用するのは危険です。
私が紹介された不動産屋の方はテキトーな
性格でミスが多くて困りました。

HPなどを見て比較検討してみるのが
一番良いのではないでしょうか?

HPを見比べてみると不動産屋によって
様々な特徴があるのがわかります。

媒介契約

複数の不動産仲介業者から媒介契約を結ぶ
業者を選定してください。

媒介契約の詳細はこちらのブログを
ご覧ください。

媒介契約は3種類あります。
それぞれにメリットとデメリットがあります。

上記のリンクは「媒介契約とは?(前編)」という
タイトルのブログで後編もあります。
どの媒介契約にするのかを検討するのに
お役に立つ内容になっていますので
是非、お読みになってください。

売出価格の決定

不動産仲介会社と話し合って
売出価格を決定します。売主様は査定価格を基準に
売出希望価格を決めますが、このときに査定額
よりも高く価格を設定することもできます。

ただ、当たり前の話ですが価格が高すぎると
土地が売れにくくなるので注意が必要です。
(中)はこちら

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP