ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

中間省略登記は違法

中間省略登記

中間省略登記とは不動産の所有権移転が
複数回行われた場合に、その過程での取引を
省略して最新の所有者を登記する方法です。

具体的には複数の取引が行われた場合でも
最新の取引の内容だけを登記簿に記載し
過去の取引の詳細を省略していました。

中間省略登記を行う際には過去の取引について
登記簿上での権利関係が変更されていないこと
が条件となっていました。

この方法を利用し過去の取引を省略することで
登記の手続きを簡略化し手続き負担を軽減
していましたが・・・

平成17年厳格化

平成17年(2005年)に日本の法律改正により
中間省略登記が一部の条件下で禁止される変更が
行われました。この改正により中間省略登記が
原則的には禁止されることとなりましたが
例外的なケースが存在します。

中間省略登記が許される特別なケースは
一般的には以下のような状況で考えられますが
法律や規制は地域や国によって異なるため
具体的な条件は地域の法律に基づいて
確認する必要があります。

1.必要性の認定

土地の所有者が中間省略登記を行うためには
その土地の所有に関して特別な事情や必要性が
認められる場合があります。例えば、法的な
問題を解決するためや緊急の事情がある場合など。

2.裁判所の判断

土地の所有権に関する紛争が発生した場合
裁判所が特別なケースとして中間省略登記を
許可することもあります。裁判所が土地の
所有関係を調査し判断を下すことによって
許可されることがあります。

3.他の登記関係法令の適用

 一部の場合では中間省略登記に関連する法律や
規制の適用があるため特別な条件や許可が必要な
場合があります。これは土地の所有権に関する複雑な
事情がある場合に該当することがあります。

中間省略登記に関する詳細な情報は地域の法律や
登記制度によって異なるため具体的な条件や
許可については地域の法律専門家や登記関連の
機関に相談することが重要です。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. 活用方法(前編)

  2. 再建築不可物件

  3. 忙しい日々の中で見つけた時間の価値

PAGE TOP