ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
税金

相続時精算課税制度

相続税制度の一つ

相続時精算課税制度は相続税制度の一つで
相続によって不動産や株式などの資産を
受け継いだ際に相続人が資産を売却した場合に
課税される制度です。以下に詳しく解説します。

1. 課税対象

相続税の対象となる財産を相続人が売却した場合に
その売却益が課税対象となります。

具体的には不動産や有価証券(株式・債券など)
事業を相続した場合の法人の株式などが該当します。

2. 課税時期

売却した場合に課税されるため資産の相続時点から
売却時点までの間に資産価値が変動した場合に
その差額が課税されます。

3. 税率

課税対象となった売却益は所得税の一部
として計算されます。税率は相続人の総所得に
よって異なり所得税の税率に従って課税されます。

4. 控除や特例

相続時精算課税制度には一定の控除や特例が
設けられています。例えば相続時に固定資産評価額を
選択した場合や特定の節税措置が適用される場合。

5. 確定申告

資産の売却による課税は確定申告で行われるため
相続人は売却した資産に関する詳細な情報を
記載した確定申告書を提出する必要があります。

相続時精算課税制度は複雑な部分がありますので
相続や資産の売却に際しては税理士や専門家に
相談することをおすすめします。
個々のケースに応じて最適な対処法や
節税対策を提案してくれるでしょう。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP