ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
税金

税金に関する対応

例)住宅ローン減税

例えば、住宅ローン減税に関して
重要事項説明書には下記のような記載となります。

①本物件は、住宅ローン減税を受ける要件を
満たしていないと解答を得ています。
②住宅ローン減税を受けるための要件については
別紙添付書類「令和5年住宅ローン減税」を
参考にして下さい。
③税金についての質問は
お近くの税務署にて確認して下さい。

税金に関することを宅建士は説明できないので
このような記載となり税理士や
税務署に確認するように促す内容になります。

 宅建士が税務相談を行うことは
法律違反となります。

税務知識を提供した場合→税理士でない者が
独占業務を行い税理士法に違反すると

2年以下の懲役又は
100万円以下の罰金に処されます。

 対策として国税庁HPや各都道府県のHPを
一緒に確認しお客様にお見せしながら説明をする。
そして必ずご自身で税務署等で
確認するように説明いたします。

住宅ローン減税に限らず
宅建業者が土地建物の売買取引に際しお客様から
税金に関する質問を受け回答することはあります。

特に不動産の売主様からは譲渡所得やその特例等
買主様からは軽減税率や諸費用にかかる税額等が
質問の大半は売主様にとっては
売却額から税引後の手取額
買主様は購入時に準備する税金等も含めた総額が
それぞれ関心事となるのは当然です。

 問題は宅建業者はどこまでの内容、範囲の説明及び
計算
であれば税理士法の
禁止規定に抵触しないかです。

前述のとおり宅建業者は税金の説明なしに
業務の遂行は難しいともいえます。

結論としては税金計算は必須ですが税額は概算として
示し正確な税額は税務署又は税理士に確認するように
説明するしかないのです。
その辺を予めご理解頂けますと有り難いです。

本日は以上です。

お電話はこちらです。

電話受付時間
9時〜23時

他のお客様の電話対応中にお電話頂いても
出れない場合がございます。
その場合は弊社から折り返しの
お電話をさせて頂きます。

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも
大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP