ご相談だけでも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

あなたの理想を叶える札幌市の不動産屋です。

WEB 予約
電話予約
友だち追加
会社概要
お問合せ先
豆知識

物件購入時にかかる費用

購入諸費用

物件を購入する場合、購入代金以外にも登記費用や
住宅ローンを利用する場合には金融機関へ
支払うこととなる保証料や事務手数料など
そのほかに仲介した不動産会社へ支払う仲介手数料や
契約書に添付する印紙代など
さまざまな費用がかかるものです。

そこで、今回はどのような費用が
かかるのかを解説いたします。

登記費用

POINT土地・中古建物を購入→所有権移転登記

POINT新築建物の場合→建物表示登記と建物保存登記

をすることになります。

住宅ローンで購入する場合は
抵当権設定登記も必要になります。

司法書士報酬

登記を司法書士に依頼する場合で

POINT所有権移転登記のみの報酬の相場は
5万〜10万と言われています。
それに抵当権設定登記も必要な
場合は別途費用がかかってきます。

住宅ローン関係

POINTフラット35→融資手数料・物件検査手数料
印紙代

POINT民間融資→事務手数料・印紙代・保証料

その他

売買契約書に貼付する印紙代
印鑑登録証明書・住民票の取得費用
専用家屋証明書の取得費用
固定資産税・都市計画税の精算金
管理費・修繕積立金などの精算金
仲介手数料
火災保険料
不動産取得税
引越し費用など

様々な諸費用がかかってきます。

その他の諸費用を考慮せずにいたお客様は
予算オーバーになってしまうと
おっしゃられたケースもございます。

Tipsその場合、安易に予算に占める借入金の割合を
増やすのではなく、ご両親からの資金援助が
可能かどうかについての検討を促すなどの
アドバイスをさせていただきます。
専門家のご紹介も可能でございます。

場合によっては物件を一から
探し直したこともございます。

徹底的にサポートいたしますので
お気軽にお問い合わせください。

本日は以上です。

電話受付時間:9時〜23時
☎︎

他のお客様との電話中などで応答できなかった場合は
弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。
✉️

才光LINE公式アカウント
24時間受付中

ご相談だけでも大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!
宅建士紹介

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事

  1. テナントの窓口

  2. 住宅ローンの種類と特徴

  3. 物件購入時にかかる費用

PAGE TOP